おとな向け【2020年冬】「マヤ文明の天文学」2020年1月5日(日)~3月31日(火)

おとな向けプログラム【2020年冬】

「マヤ文明の天文学」

対象:小学生以上 【約50分】

内容

南米メキシコのユカタン半島などで栄えた「マヤ文明」。 マヤ族の人々は、金星に注目し観測をしています。 そして、今から1,000年以上も前に、金星の位置・見え方が周期的に変わることを見い出しました。 今回は、マヤ文明が注目していた金星の動きについて取り上げます。

開始時刻

火~金 15:00
土・日・祝
春休み期間(3/25~31)
13:0015:00

観覧料

おとな440円
小中学生210円
幼児140円
小さなお子さんの入場はご遠慮いただいています。

期間

 2020年1月5日(日)~3月31日(火)

休館日

 【月曜日(祝日の場合は翌平日 1月14日(火), 2月25日(火))】
 【年末・年始休み】2019年12月28日(土)~2020年1月4日(土)
 【空調工事のための休館】1月14日(火)~1月31日(金)

2020年度の「おとな向けプログラム」の予定

期間タイトル
2020年
1~3月
マヤ文明の天文学
4~6月オーロラ
7~9月ブラックホール
10~12月系外惑星
2021年
1~3月
(未定)