プラネタリウムシステム

2011年3月19日に、宗像ユリックスプラネタリウムは、より美しい星空へ、そして宇宙の真実に出逢えるプラネタリウムに生まれ変わりました。

IMG_2593.JPG
 
★ 星(プラネタリウム本体)

プラネタリウムの老舗「カール・ツァイス社」製(ドイツ)が導入されました。
これまでよりも明るく、見つけやすい星を映し出すことで、今まで以上に星座が見つけやすくなっています。

また、プラネタリウム本体がコンパクトになるので、視界が遮られることが少ないのも特徴です。

メーカー名:カール・ツァイス社製 (九州初)
形式名:スカイマスターZKP4 (日本初)


★映像(高精細プロジェクター)
プラネタリウムのドームいっぱいに、周りの風景や星座の絵、宇宙のダイナミックな姿などを高精細な映像で映し出すプロジェクターです。
日本ビクター DLA-SH4K + 特製魚眼レンズ
(日本トップレベルの映像をご覧いただきます。)

saturn-seat_cut.jpg

IMG_2379.JPG




★「宇宙の地図」
新しいシステムには「宇宙の地図」が入っています。
今までは、地上から見た星空しか再現することができませんでしたが、これからは、地球を飛び出し、様々な視点で宇宙を眺めていくことができるようになりました。

ユニビュー (西日本初導入) + ステラドーム プロフェッショナル
pre-007.pngのサムネール画像
(C)Uniview/Orihalcon

★音(5.1ch サラウンド)
まるでオーケストラに囲まれているような、臨場感あふれる音楽をお楽しみいただけます。
また、星空の解説も、聞き取りやすい音でお届けします。

IMG_2717s.jpgのサムネール画像

★ワイドな座席
現在の97席から80席へと座席数を減らして、座席の幅を広げます。
その分ゆったりと座ることができ、より快適に星空をお楽しみいただけます。

seat_05.JPG


<リニューアルをしても変わらなかったもの>

★星の数
星の数は7000個。これまでとほとんど変わりません。
これは肉眼で見える星の数に合わせているからです。
肉眼で見ることができる最良の星空をご覧いただきます。

★解説スタイル
これまでと同じように、解説員が星空や天文現象、最新の宇宙の姿を紹介していきます。
お客様とともに星空を見上げ、解説していくスタイルは変わりません。
新たな機器による多彩な表現で、これからも星や宇宙の魅力を伝えていきます。