プラネタリウムの機器について

1988年のオープンから23年目の2011年3月19日に、宗像ユリックスプラネタリウムはリニューアルしました。

プラネタリウム本体

【プラネタリウム本体・恒星】

ドイツのカール・ツァイス社製の光学式プラネタリウム「SKYMASTER ZKP4」を導入しました。
実際の空に近い星の色や明るさを再現しているため、以前より星座が見つけやすくなりました。

また、プラネタリウム本体の大きさが小さいため、座席からの視界が遮られにくくなりいました。

メーカー:カール・ツァイス(九州初導入)
形式名:SKYMASTER ZKP4(日本初導入)
恒星の数:約7,000個

【映像・高精細プロジェクター】

プラネタリウムのドーム全体に、風景や星座の絵や名前、宇宙の様々な姿などを高精細に映し出すプロジェクターです。
ウルトラハイビジョン(UHD・4Kテレビ)並の高い解像度で、ドームに映像を映し出します。。
また、プラネタリウム本体の大きさが小さいため、座席からの視界が遮られにくくなりいました。

メーカー:日本ビクター(JVC) DLA-SH4K + 東京現像所 特製魚眼レンズ
解像度:4096×2400pixel
プロジェクタ

【デジタルプラネタリウム(Uniview + Stella Dome Pro)】

星座の絵や名前、各種の線を表示するために、新たにデジタルプラネタリウムを導入しました。
光学式プラネタリウム(ZKP4)の星空に合わせて、様々な図や文字、映像を表示することができます。
また、惑星を巡る宇宙旅行のシーンなどでも、デジタルプラネタリウムを活用しています。

  • デジタルプラネタリウム1:Uniview(オリハルコンテクノロジーズ、SCISS)
  • デジタルプラネタリウム2:Stella Dome Pro(AstroArts)